Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【今日の一言メモ】・・・精進に終わりはなく、何を始めるにも遅いということはない

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら)

さて、「今日の一言メモ」第97回です。

精進に終わりなし

さて、昨日は、4年半前に亡くなられた高倉健さんの座右の銘をご紹介しました。

「往く道は精進にして、忍びて終わり、悔いなし」

辛いことがあっても、それは精進である。
自分を高めるために必要なことなのだ。
それを我慢したまま、たとえそれで終わることがあっても、
自分の向上にとっては確実にためになっているのだから
悔いはない。

そして、「生きるとは?」を僕なりに定義すると、「人さまに貢献するために精進し続けること」だと書きました。

何を始めるにも遅いということはない

若宮正子さんという、83歳の現役エンジニアがおられます。60歳でインターネット、75歳でピアノ、そして81歳でプログラミングを始めたそうです。(こちらの記事参照)

2017年、82歳の時に『hinadan』というiPhone用ゲームアプリをリリース、同年6月にはアメリカで行われた『WWDC2017』にAppleのCEO ・ティム・クック氏から招待を受けて参加されました。

なんでも、iPhoneアプリは若者向けのものばかりで、シニアが楽しめるものがなかったため、それなら自分で作ってしまおう、ということでアプリ開発の勉強を始めたとか。う〜む、凄いですね…

「何事も始めるのに遅いということはない」といいますが、中高年を迎えると、新しいことを始めるのをサボりがちです。

というわけで、常に新たなチャレンジに取り組む若宮正子さんを見習って、70歳、80歳になっても好奇心を失わず、精進に励んでいきたいと思います。「Never Too Late」を合言葉に・・・

・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2019.4.24記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら