Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【二十四節気の第13「立秋」】・・・withコロナの夏、マスクが手放せない夏を乗り切ることに万全を期す

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら)

さて、二十四節気が一つ進み、今日は「立秋」です。

二十四節気の第13「立秋 (りっしゅう) 」

「二十四節気」は、1年を24等分に割って24の区分が作られ、そのうちの6つずつで一つの季節を表します。

(出典 : Wikipedia)

名称の由来を、種類別に分けると以下のようになります。

・昼夜の長短を基準にした季節区分(各季節の中間点) → 春分・夏至・秋分・冬至
・昼夜の長短を基準にした季節区分(各季節の始期) → 立春・立夏・立秋・立冬
・気温 → 小暑・大暑・処暑・小寒・大寒
・気象 → 雨水・白露・寒露・霜降・小雪・大雪
・物候 → 啓蟄・清明・小満
・農事 → 穀雨・芒種

立秋は、初めて秋の気配が現れてくる頃とされています。でも、今年は関東で8月1日に梅雨が明けてから、全国的に気温が上がり、首都圏では今日は猛暑日になっています。10日間天気予報を見ても、ずっと最高気温が35℃前後になっていて、当分秋の気配は感じられそうもありません。

今年の梅雨は長引き、梅雨寒の日々も多かったので、カッと照る太陽、青い空には白い入道雲、という光景を早く見たいと感じていましたが、既にウンザリし始めています。

立秋は、ちょうど夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立冬の前日(今年は11/6)までが秋となります。立秋翌日からの暑さを「残暑」といい、暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになります。

「秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる」(藤原敏行/古今和歌集)と詠まれていますが、さてさて今年はいつになりますやら。

今後1ヶ月の気候は?

気象庁が、8月6日に発表した関東甲信地方の8月8日から9月7日までの天候見通しによると、平年に比べ晴れの日が多く、気温は高めで、降水量は平年並みか少なめになりそうです。

(画像出典元はこちら)

今年の夏は、withコロナの夏

コロナ禍は衰えを見せず、全国的に感染者が増加しています。ただ、感染者が急増している東京都でも、重症者はさほど増えず、亡くなる方もほとんどいないのは救いと言えるでしょう。

世間は、まもなくお盆休みの時期に入ります。例年であれば帰省ラッシュが始まる頃ですが今年はどうなりますか……。安倍首相は、気をつけて帰省して欲しいと言い、小池東京都知事は、今年は特別な夏であり帰省や旅行は控えて、と呼びかけています。

都民は一体どちらの言うことを聞けばよいのでしょう。各自治体の首長も、できるだけ帰省は控えて欲しいというのが本音のようです。国は経済を回すことを優先し、地方は感染予防を優先する。そして、最終的な判断は国民に委ねられている。

結局、経済が回らなくなるにしても、感染がさらに急拡大してしまうにしても、その責任は国民が負わなければならないのでしょうか。

とにかく、私たちはマスクが手放せない夏を乗り切るために、熱中症にならないために水分・塩分補給を欠かさず、体調を崩さないよう、よく食べよく寝て体調管理に気をつけたいものです。

・・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2020.8.7記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら