Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【終わり良ければ全て良し】・・・仕事面でも充実し、良い年を過ごせました

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら)

さて、今日の故事ことわざは、「終わり良ければ全て良し」です。

「終わり良ければ全て良し」とは?

物事は最終の結末がもっとも大事であり、途中の過程は問題にならないという意味です。

多少のミスがあったとしても、結果がよければ高く評価されるということです。

英語の「All’s well that ends well.」の訳語で、シェイクス・ピアは同名の戯曲を書いているとか。

「官庁御用納め」の日に

さて、今日12月28日は「官庁御用納め 」です。これは、今から144年前の1873年 (明治6年) に出された、太政官布告により決められたものです。

その布告第二号「休暇日ヲ定ム」により、官庁の公休日を1月1~3日、6月28~30日、12月29~31日までと決めた事から、この日が御用納めの日となったのです。

この日が土曜日、日曜日にあたる場合は、直前の金曜日が御用納めとなります。なお、6月の公休日に関しては、同年の太政官布告第二百二十一号により取り消されたそうです。

さて、2017年の締め括りは?

官庁では御用納めですが、一般企業では仕事納めと言いますね。今年は、今日のところと明日のところがあるでしょう。

僕の場合はフリーランスなので、自分でいつにするか決めなければなりません。昨日から富山に出張していて、今日帰りますので、その整理もあり、明日が仕事納めになる予定です。

自分の今年の仕事を振り返ると、お世話になったクライアントの方々に恵まれ、ほんとに充実した1年を過ごすことができました。

また、MacBook 12インチ、 iPad Pro 10.5 インチ、 iPhone X と、仕事道具でありプライベートにも活用しているIT機器を揃って買い替えて、設備投資をした年でもあります。

そして、遠隔地とのミーティングに欠かせないWeb会議システムを、SkypeからZOOMに切り替えて、とても品質が上がりストレスがなくなった1年でもありました。(ZOOMのメリットとデメリットは、こちらの記事が参考になります)

Skypeは無料で使えるのですが、相手に事前登録してもらう必要があったり、画面共有が途中でうまくいかなかったりとミーティング効率を下げる場面が結構あったのです。

ZOOMを一時試用してみて、その安定性と品質の高さに驚き、すぐに年間140ドルの有料プランを申し込みました。今では、とても満足しています。

地方のクライアントの元には、月1回程度出向きFace to Faceのコミュニケーションをしていますが、その合間にいつでもWeb会議を開催できるのは、ITコンサルタントという仕事柄、とてもありがたいことです。

そして、地方にはその土地の美味しい特産物がたくさんあります。そうした美味の数々を堪能できた年でもありました。

そうした点もあり、今後も、さまざまな地方のクライアントを開拓したいと考えている次第です。(^^;

ということで「終わり良ければ全て良し」、今年も良い年を過ごすことができました。来年も身体に気を付けて、良い年にしたいと思います。

・・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2017.12.28記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら