Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【「記念日が一番多い日」にあたり】・・・その他大勢に埋没していいのか

1

5

0

0

0

(画像出典元はこちら)

さて、今日11月11日は「記念日が一番多い日」です。

なぜ記念日が一番多いのか?

11月11日は、算用数字で表すと1111、漢数字で表すと十一十一となることから、とても多くの団体や企業がこの日を記念日にしています。

日本記念日協会による認定の記念日が、一年で最も多い日になっているそうです。

ちなみに、こちらのサイトによると、11月11日を記念日としているのは、現在30件あるそうです(※毎月11日の記念日も含む)。

ちなみに、2番目に多いのは10月10日の29件、3番目に多いのは8月8日の24件だとか。

ご参考までに、この記事の末尾に、記念日一覧 (由来が判明した25個抜粋)を記載しておきます。

こんなに多いと覚えられない

それぞれの記念日の由来を見てみると、どうもこじつけっぽいものが多く、11月11日である必然性は少ないように思います。

こじつけで、こういう記念日を設定するなら、できるだけ記念日が少ない日を設定した方が目立つと思うのですが…

その他大勢に埋没してしまうのは、イヤですよね。

なんか自分たちの思いや都合だけ優先してしまい、結果的に目立たなくなっているような。そんな気がするんですけどね。

記念日一覧 (由来が判明した25個抜粋)

豚まんの日・・・「(11)」が豚の鼻に見える事から。

いただきますの日・・・「1111」が並んだ箸に見えることから。

麺の日・・・「1111」が麺の細長いイメージにつながることから。

ポッキー&プリッツの日・・・「1111」が4本のポッキーあるいはプリッツに見えることに由来。

きりたんぽの日・・・「1111」が、囲炉裏で焼いている4本のきりたんぽに見えることに由来。

もやしの日・・・「1111」がもやしを4本並べたように見えることに由来。

鮭の日・・・いずれも、「鮭」という漢字が魚偏に「十一十一」と書くことに由来。

ピーナッツの日・・・ピーナッツは1つの殻に2粒の豆が双子のように同居している特徴があるので、ぞろ目の11に由来。

美しいまつ毛の日・・・「1111」の数字をまつ毛になぞらえ、それが1年の中で最も多く並ぶ日付であることから。

配線器具の日・・・コンセントの差込口の形状が「1111」に見えることに由来

靴下の日(ペアーズデー・恋人たちの日)・・・靴下を2足並べた時の形が11 11に見えることに由来。1年に1度、同じ数字のペアが重なる日であることから、恋人同士(ペア)で靴下を贈り合おうと呼びかけるため。

下駄の日・・・下駄の足跡が「11 11」に見えることに由来。

ライターの日・・・一般的な細長いライターを並べると「11 11」に見えることに由来。

鏡の日・・・「11 11」や縦書きにした「十一 十一」が左右対称であることから。

電池の日・・・数字の部分を漢字で書いた「十一十一」が「プラス・マイナス・プラス・マイナス」に見えることに由来。

チンアナゴの日・・・チンアナゴが砂の中から体を出している姿が数字の「1」に似ており、群れで暮らす習性があることから、一年間に最も「1」が集まる日付を選んだ。

サッカーの日・・・サッカーが11人対11人で行うスポーツであることに由来。

ゆびリンガルの日・・・業種別多言語相互会話ツール「ゆびリンガル」が指を使って会話をするツールであり、数字の「1」が指に似ていることに由来。

折り紙の日・・・世界平和記念日であること(折り紙と千羽鶴の関係)と、1を4つ組み合わせると折紙の形である正方形になることに由来。

煙突の日・・・「1111」が、煙突が4本立っているように見えることに由来。

コピーライターの日・・・・・・1111が鉛筆が並んだように見えることに由来。

麻雀の日・・・100点、1000点、5000点、10000点の4本の点棒が並んだように見えることに由来。

磁気の日・・・磁石のN極 (+) とS極 (-) を「十一」に見立てたことに由来。

介護の日・・・「いい日、いい日、毎日あったか介護ありがとう」というキャッチフレーズより「いい(11)日いい(11)日」の語呂合わせから。

バイナリデイ・・・1111は二進数に置き換えられる(二進数では十進数の15、及び十六進数のFに相当する)4ビット(1ニブル)の数値であることに由来。

どうでしょうか?ここまで読み進んで頂いた方に感謝します。<(_ _)>

・・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2018.11.11記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら