Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【今日の一言メモ】・・・一世一代の大勝負に出て討ち死にするより、リスクが許容できる小勝負に数多く挑み、失敗の経験を重ねる

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら

さて、「今日の一言メモ」第496回です。

「乾坤一擲」

乾坤一擲(けんこんいってき)とは、運を天に任せ、一世一代の大勝負に出ることの例えです。「乾」は「天」、「坤」は「地」、「乾坤」で「天地」の意味で、「一擲」はさいころを投げることを指しています。

天地をかけて一回さいころを投げるという意味から、自分の運命をかけて、のるかそるかの勝負に出ることをこう言います。

韓愈の詩「鴻溝を過ぐ」の「竜疲れ虎困じて川原に割ち、億万の蒼生、性命を存す。誰か君王に馬首を回らすを勧めて、真に一擲を成して乾坤を賭せん」という故事がその由来です。

一世一代の大勝負の機会はあるか

現在、7年ぶりに続編が放映されているテレビドラマ「半沢直樹」が初回から視聴率20%を超え、さらに第3回まで尻上がりに数字を伸ばしているようです。

前作も楽しみに見ていましたが、今回もこれでもか、これでもかと波状攻撃のように押し寄せる見所の数々を楽しませてもらっています。

その半沢直樹が繰り出す一撃は、まさに「乾坤一擲」の言葉が当てはまるような迫力で痛快極まりありません。

ま、それはドラマだからの話ですが、自分の人生に一世一代の大勝負をかける機会はあるのだろうか、と考えてしまいます。

自分は55歳で33年間勤めた会社をアーリーリタイアメントして、ITコンサルタントとして独立起業したので、そこで勝負をかけたと言えなくもないですが、どうも一世一代の大勝負とは違う気がします。

ここ一番の大勝負より、十番の小勝負を重ねる

もちろん、ここ一番の大勝負をかけなければいけない時が訪れたら、それは真正面から挑まなければならないでしょう。でも、自分から積極的にそんな場面に臨む気にはなりません。

それは、なんとなくチャレンジというよりギャンブルに近い気がするからです。「一擲」がさいころを投げるという意味なら、それこそ運試しのように思います。その勝負に負けたら壊滅的な打撃を受けて立ち直れないイメージです。

それよりは、その勝負に負けてもリカバリー可能な小勝負を数多くしたいと思います。たとえ10戦4勝6敗の勝率4割でも上出来です。イチローの生涯打率より上ですから。

そして、6敗するということは、うまくいかなかった経験を6度もできるということです。これは貴重な経験となり、後に生きてくると思うのです。

・・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
では、また!

・・・・・・・・・・・・
(2020.8.5記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら