Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

元旦から5ヶ月連続更新を達成!

1

0

0

0

0

アイキャッチ画像

さて、元旦から続けている毎日更新ですが、お陰様で昨日のアップで5ヶ月151日間連続更新ができました。

長くもあり、短くもあったこの5ヶ月間でしたが、毎日続けることで見えてきたものがあります。

では、毎月1日恒例のアップになってきましたが、今日は、アクセス解析と共に、この5ヶ月を振り返ってみたいと思います。

ブログを毎日更新することで加速する化学反応

ある一つのテーマに沿って、毎日記事を書くということは、今の富田には至難の業です。

この5ヶ月間は、本当に「徒然なるままに」日々の出来事や思う事を書き連ねてきたわけです。

でも、一見脈絡のない日々の記事ですが、毎日書き連ねることで、それぞれの文章が形に残り、頭の片隅に記憶として焼き付けられていきます。

それが、いつの頃からでしょうか、一見バラバラな内容の記事と、別の機会に経験したこと、書籍で読んだことやセミナーで学んだことが絡み合い発生する化学反応が、更に加速し、不思議なつながりを感じるようになったのです。

これとこれが、こう結び付いて、こういう思いに繋がった、と今明確にお示しすることができないのは申し訳ないのですが、自分の内部では確実に感じるものがあります。

と書いているうちに、スティーブ・ジョブズが、かの有名なスタンフォード大学の卒業式スピーチで述べた「コネクティング・ザ・ドッツ (点と点をつなげる) 」という言葉が脳裏に浮かびました。これも一つの化学反応です。

先を見て点をつなげることはできない。

できるのは過去を振り返って、点をつなげることだけだ。

だから将来、その点がつながることを信じなければならない。

直感や運命、人生、カルマ、何でもいいからそれを信じること。

点がつながって道となることを信じることで心に確信を持てる。

たとえ人と違う道を歩むことになっても、信じることだ。

もちろん、ブログを書かなくても、こうした化学反応は起きていたと思いますが、ブログを継続して書くことで、そうした感覚が先鋭化された、と感じるのです。

5ヶ月間のアクセス解析

さて、3ヶ月経過時点4ヶ月経過時点と同じように、アクセス解析をGoogle Analyticsでしてみます。

昨年9月に、iPhone5のテザリングに関する記事がバズって、月間1.8万近いページビュー(PV)を記録したのが、これまでの最高記録です。

その9月のアクセスと、この5ヶ月のアクセス状況は以下の通りです。

10 5ヶ月推移グラフ

PV数を見ると、1月約5千、2月約5.4千、3月約6.8千、4月約7.4千と推移したあと、5月に10.8千と久々に1万超えをしました。訪問数やユーザー数も同様の伸びを示しています。

この要因は、プロ・ブロガーの立花岳志さん、そして、立花さんの奥様でセラピストの大塚彩子さんご夫妻が主催したセミナーについて、参加報告をした次の記事をご夫妻がそれぞれSNSやご自身のブログでシェアして下さったことが大きな要因です。

立花岳志さん・大塚彩子さんご夫妻主催の「自分にOKを出して前に進む!心を解放するビリーフ・システム セミナー」に参加してきました! | ITで第二の人生を切り拓く、シニア起業家ブログ
立花岳志さん・大塚彩子さんご夫妻主催の …

お陰で、アップした翌日の5/12は月曜日にもかかわらず、1日のPV数が684と、この5ヶ月で最高を記録しました。

20 5ヶ月PV推移グラフ

やはり、影響力のある方にシェアして頂くことで、PV数が一気にアップします。そして、一段落した後もそれ以前のアクセス数より、少し増えた状態で落ち着いているようです。

あと、この5ヶ月間で直帰率が少しずつ減ってきていることも、ありがたいことです。

いずれにしても、これまで通りいたずらにPV数やユーザー数を増やすことではなく、コツコツ毎日更新していくこと、少しでも記事のクオリティをあげていくことに努力していきたいと思います。

ということで、6月以降も引き続きご愛読のほど、どうか宜しくお願いします。<(_ _)>

・・・・・・・
さて、今日はここまでにしますね。
ではまた!

 
 
・・・・・・・・・・・・
(2014.6.1記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら