Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

7月13日は、1930年にFIFAワールドカップ第1回大会が開幕した日

1

0

0

0

0

アイキャッチ画像

今朝は、FIFAワールドカップ3位決定戦で、ブラジルがオランダに0-3で敗戦。4位が確定し、ブラジル国民にストレスの残る結果となりました。

そして、いよいよ明日未明には、ドイツ対アルゼンチンの決勝戦が行われます。どんな結果になるか、楽しみです。

さて、「今日は何の日?」シリーズを再開します。このシリーズも早いもので20回目。

今から84年前、1930年7月13日に第1回ワールドカップがウルグアイで開幕しました。そこで今日は、改めてワールドカップの歴史をお勉強してみました。

FIFAワールドカップの歴史

そもそもの歴史をWikipediaでひも解いてみると、国際サッカー連盟 (FIFA : Fédération Internationale de Football Association)が創立されたのが、今から110年前の1904年5月21日。

オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、ドイツ、デンマーク、フランス、ベルギーの8ヶ国で創立され、初代会長は、フランスのロベール・ゲランという人だったそうです。

そのFIFA創立時の要綱に、世界選手権 (World Championship) を行う旨が記載されていて、1928年のFIFAのアムステルダム総会において大会名称を「ワールドカップ」とすることが定められた、とあります。

そして、FIFAは1929年5月18日にバルセロナで会合を開き、第1回ワールドカップの開催国としてウルグアイを無投票で選出しました。

他の候補国が相次いで辞退する中、ウルグアイは開催国として、近代的なスタジアム建設 (建国100周年の記念として建設) と参加国の全招待などを約束し、また、1924年、1928年と連続してオリンピックチャンピオンになっていて、実力も伴った充分な条件を持つ国として選出されたのです。

 ((出典 : Google)


((出典 : Google)

第1回ワールドカップの優勝国もウルグアイ

そして、第1回ワールドカップは、1930年7月13日から7月30日にかけて開催され、出場13カ国で争われました。

 (出典 : Wikipedia)


(出典 : Wikipedia)

なんでも、第1回大会は以後の大会と異なり、出場権を賭けての地区予選は行われず、全てのチームは招待されて参加したそうです。

まだ今のようなエアラインもなく、船での長旅を強いられるため、ほとんどのヨーロッパのチームが出場を辞退し、開催2ヶ月前の時点でユーラシア大陸からの参加チームは1つもなかったとあります。

当時のFIFAの会長、ジュール・リメが参加を呼びかけた結果、ベルギー、フランス、ルーマニア、ユーゴスラビアの4カ国 (すべて当時のフランスの同盟国) が参加に踏み切ったとのこと。

決勝トーナメントは、グループリーグを勝ち残ったアルゼンチン・アメリカ合衆国・ウルグアイ・ユーゴスラビアの4カ国で行われ、開催国ウルグアイの優勝で幕を閉じました。

 (出典 : Wikipedia)


(出典 : Wikipedia)

決勝戦の前半で使用されたボールの写真を見ると時代の流れを感じますね。

 (出典 : Wikipedia)


(出典 : Wikipedia)

そんな歴史を持つFIFAワールドカップ第20回ブラジル大会も、まもなく閉幕します。

2018年のFIFAワールドカップ開催国はロシアです。4年後に向けて、日本代表には一から鍛え直して、頑張って欲しいですね!

・・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!
 
 
・・・・・・・・・・・・
(2014.7.13記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら