Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【今日の一言メモ】・・・断片を見て、全体を分かった気になる危険性に注意する

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら)

さて、「今日の一言メモ」第133回です。

「一斑を見て全豹を卜す」

「一斑 (いっぱん) を見て 全豹 (ぜんぴょう) を卜 (ぼく) す」とは、物事の一部分だけを見て、全体を推し量ることの例えです。

「斑」はまだら模様、「卜」は占うという意味です。皮にある一つの斑模様を見て、豹の皮だと知るということを指した言葉です。

昨日は、「一葉落ちて天下の秋を知る」という格言から、「 一を聞いて、十は無理でも、せめて二か三には辿り着く」という記事を書きましたが、今日は似て非なることを書いてみます。

「一事が万事」

類義の言葉として「一事が万事」があります。一つのことを見れば、他のすべてのことが推測できるという意味ですね。

また、一つの小さなことに見られる傾向が、他のすべてのことに現れるという意味でもあります。

ただ、全てが一事が万事と言ってしまうことに危うさも感じます。

論理学の世界で「一般化」という言葉があります。さまざまな事物に共通する性質を抽象し、一つの概念にまとめることを指します。概括、普遍化とも言います。

ただ、少ないサンプルから短絡的に一般化してしまう危険もあります。ある人が書いた字が下手で、文章も上手くないから、その人はだらしない人だ、と決めつけるようなことです。

最近では、高齢者ドライバーの事故をニュースでよく見ますが、ここにも一事が万事の風潮がないか危惧しています。(確かに高齢化による身体能力の衰えは問題だと思いますが…)

少子高齢化が進む中で、全国のドライバー人口に占める高齢者ドライバーの比率が増えていることは想像に難くありません。

そして、それにつれて事故件数も増えていると思います。ただ、全体の死亡事故の中で、75歳以上のドライバーが起こした事故の比率は近年でどの程度増えているのでしょうか。

もしかして、若い10代、20代のドライバーが起こす事故の比率の方が、もっと増えているのかもしれません。

そうした客観的な数値を示すニュースや報道を、なかなか目にすることはありません。

今の報道の在り方が、高齢者ドライバー全体を悪とするバイアスをかけているのではないか、そして、その方向に一般視聴者が誘導されていないか、と危惧しています。(そうでないことを祈りますが…)

一事が万事となるかどうか、自分たち自身で賢く慎重に見極めないといけないと思います。

・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2019.6.12記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら