Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【今日の一言メモ】・・・良い意味での「忖度 (そんたく) 」ができる人間になることを厭わない

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら)

さて、「今日の一言メモ」第266回です。

「鑿と言えば槌」

「鑿 (のみ) と言えば槌 (つち) 」とは、万事に気が利くことの例えです。

鑿 (のみ) を取って欲しいと言われれば、鑿を打つのに必要な槌 (つち) も一緒に持ってくきてくれるほど気が利く、という意味からこう表現されるようになりました。

「鑿」とは、木材、石材、金属等に穴を穿ったり溝を刻んだりするのに用いる道具のことで、「槌」とは、物を打ちつけたり潰したりする道具のことです。

(画像出典元はこちら)

気配りは、鍛錬の賜物か

人は、小さい頃から「自分がして欲しいことを、人にしてあげなさい。自分がして欲しくないことは、人にはしないようにしましょう。」と教えられてきたと思います。

でも、大人になってくると、自分がして欲しいことが、必ずしも万人のして欲しいことではないことに気付かされます。良かれと思ってしたことが、却って余計なお世話になってしまうこともあります。

そんなあれやこれやを経験した上で、気配り上手になれる人はいますし、なれない人もいます。

見ていると、本能的に身体が動く人は、持って生まれた才能があり、センスを持っていると思えます。

良い意味での「忖度 (そんたく) 」ができる人間になることを厭わない

まだくすぶり続けている「森友学園」と「加計学園」をめぐる問題は、官僚による忖度が働いたかどうかが焦点になりました。

それ以来、忖度するのは悪い事だ、という風潮が一般的になってしまった気がします。

「忖度」を広辞苑で検索すると、「他人の心中をおしはかること。推察。」と出てきます。決して悪いことではないですね。

「阿吽の呼吸」という言葉がありますね。これも広辞苑で検索すると、「共に一つの事をする時などの相互の微妙な調子や気持。特に、それが一致することにいう。」とあります。

忖度も阿吽の呼吸も、外人に説明して理解して貰うのが難しい言葉のようです。それだけ古来、日本人に伝わってきた文化なのかもしれません。

正しい意味での「忖度」ができて、「阿吽の呼吸」が実現すれば、それは必要とされる人材になるのではないでしょうか。

・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2019.11.12記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら