Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【今日の一言メモ】・・・単なる「意思」ではなく、強い思い (志) を込めた「意志」をどれだけ固めているか、常に自問する

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら)

さて、「今日の一言メモ」第268回です。

「石の上にも三年」

「石の上にも三年」とは、つらくても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるという意味ですね。

冷たい石でも三年間座り続ければ暖まることから転じて、何事にも忍耐強さが大切だという教えです。

「三年」は、三年ちょうどの意味ではなく、多くの月日を表しています。また、「石の上にも三年居れば暖まる」ともいうそうです。

「いい石の日」に、「意志」を固める

さて、今日11月14日は、「いい (11) いし(14) 」の語呂合わせで、「いい石の日」という記念日になっています。

日付語呂合わせと、石工職人が尊ぶ聖徳太子の命日であるこの日を「太子講」としていたことが由来だそうで、今から20年前の1999年 (平成11年) に、山梨県石材加工業協同組合が制定した記念日です。

ところで、石は固い物体ですが、人間が持つ「意思」と「意志」はどちらが固いのでしょうか?

一般的には、表そうとする気持ちが、単なる「思 (思い) 」であれば「意思」、「志」であれば「意志」となるようです。

例えば、この電化製品を買うか否か?という時は「意思決定」となり、これからの一生をどう生きるか志を固める時は「意志決定」となります。

改めて言葉の意味に思いを馳せると、日頃さまざまな場面で「意思決定」はしているものの、確固たる「意志決定」を折に触れきちんとしているのか疑問です。

なので、人としての「あり方 (Being) 」がブレることのないよう、しっかり「基軸」を持ち、「意志」を固めていきたいと思います。

・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2019.11.14記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら