Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【今日の一言メモ】・・・みんながやっているから、という理由だけで同じことをやらない

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら)

「クイズの日、とんちの日」

今日1月9日は「クイズの日、とんちの日」だそうです。「いっ (1) きゅう (9) 」の日付語呂合わせで、とんちで有名な一休さん (一休宗純) を表し、そこからこの記念日になったのです。

一休さんは、室町時代の臨済宗の僧 一休宗純の愛称だそうです。僕はアニメのイメージが強いですね。

一休さんのとんちで有名なのは、「屏風の虎退治」でしょうか。足利義満が一休さんに出した問題です。

問題 :「屏風絵の虎が夜な夜な屏風を抜け出して暴れるので退治して欲しい」

さて、一休さんはどう答えたのでしょうか。覚えてますか?(答は最後に記載)

西洋のエスニックジョーク

一休さんのとんちに対して、西洋のエスニックジョークと呼ばれるジョークがあります。いろんなお国柄、民族性を表していて、結構お気に入りです。代表的なのが次でしょうか。

様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しそうになる。それぞれの乗客を海に飛び込ませるには、どのように声をかければいいか?

アメリカ人「今飛び込めば貴方はヒーローになれるでしょう」
日本人「みなさん飛び込んでますよ」
イギリス人「こういうときにこそ紳士は海に飛び込むものです」

ドイツ人「規則ですから飛び込んでください」
ロシア人(海の方を指して)「あっちにウォッカが流れていってますよ」
イタリア人「海で美女が泳いでます」

フランス人「決して海には飛び込まないでください」
中国人「おいしい食材が泳いでますよ」
韓国人「日本人はもう飛び込んでますよ」

少々ブラックジョーク的でもありますが、ある意味言い得て妙ですよね。

日本人の場合は、一昔前に流行った「赤信号みんなで渡れば恐くない」という言い方に通じるところがあって、つい苦笑いしてしまいます。

同調圧力の強さ

日本人の同調圧力の強さは、元々が農耕民族だったからでしょう。皆で協力して農作物を育て、不作の年はお互いに助け合って過ごしていく、という文化が必然的に皆と同じ方向を見て、同じ考え方をするように仕向けていったのだと思います。

そこで勝手なことをすれば、村八分にされて生きていくことすら困難になったことでしょう。そうした国民性が綿々と引き継がれ、第二次世界大戦終戦後の焼け野原から高度成長期に向けて、大量生産大量消費の世の中で、真面目で勤勉に働く特性により一億総中流社会と呼ばれる同質性を持った社会が形成されたのだと考えています。

みんながやっているから、という理由だけで同じことをやらない

「個」の時代と呼ばれて久しいですが、それでも他人とはちょっと異なることをしようとすると、「世間体が悪い」「近所の目がある」「みっともない」などといった言葉で同調圧力が襲ってきます。

そうした圧力が自分を縛る鎖となり、つい安易な方向に向かいそうになります。「みなさん飛び込んでますよ」と言われても、いや自分は飛び込まずにいる、と主張できるだけの根拠を携えていたいものです。

そして、結果に対する全責任を自分自身で負う決意に基づいた選択をしたいと思っています。

・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2021.1.9記)

 

「屏風の虎退治」の答 : 「では捕まえますから、虎を屏風絵から出して下さい」と一休さんは切り返したのでした。

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら