Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【日本の最低気温記録日】・・・どんなに周りを寒くさせても、しょうもないおやじギャグの鍛錬は怠らない

1

0

0

0

1

(画像出典元はこちら

閑話休題。

日本の最低気温記録日

大寒を過ぎて5日が経ちます。首都圏は昨日気温が2桁に届きましたが、今日はまた真冬の寒さに逆戻りです。そんな今日1月25日は、北海道の旭川地方気象台で、△41.0℃!という日本の最低気温を記録した日です。富士山頂の記録(△38.0℃)よりも低いのです。

記録したのは、今から120年前の1902年(明治35年)です。温暖化が進んだ現在、この記録は破られないだろうとされています。

(画像出典元はこちら)

旭川市の冬の平均気温は、12月が△4.2℃、1月が△7.0℃、2月が△6.0℃で、1月が最も寒く、年間雪日数は151.5日になっています。(こちらのサイト参照)

また、日本の山岳史上最悪の遭難事件が起こったのも、最低気温を記録したこの日のことです。青森県の八甲田山(はっこうださん)で冬期行軍訓練を行っていた210名の青森歩兵第5連隊が、猛吹雪と厳しい寒さの中で次々と凍死し、生き残ったのはわずか11名でした。

この悲劇は後に新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨(ほうこう)」で取り上げられ、映画にもなりました。高倉健さんが主演していましたね。

おやじギャグの鍛錬を怠らない

それにしても、△41.0℃という気温は想像を絶します。この気温で濡れたバスタオルを振り回すと、すぐにカチンカチンに凍り付き、1枚の板状になると聞いたことがありますが一度試してみたいものです。

そういえば、「一暴十寒」という言葉があります。「いちばくじっかん」と読みます。この言葉は、少しだけ努力して、あとは怠けることが多いことの例えです。また、あるところでは努力し、一方でそれを台無しにすることの例えでもあります。

また、一時期ダメダメなことを「さむ〜……」と表現していました。おやじギャグを言うと「さむ〜……」と言われたものですが、最近は聞きませんね。

でも、おやじギャグは脳味噌の訓練になるそうです。松本潤主演のドラマで今回映画化されてヒットしている「99.9 刑事専門弁護士」でも主人公が「いただきます!」を「いただきマングース!」「いただきマツコ・デラックス!」「いただきーマカレー!」などのバリエーションでおやじギャグを連発していました。

なので、どんなにドン引きされても、おやじギャグの鍛錬は怠らないほうがいいですね。

・・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2022.1.25記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら