Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【「八十八夜」を迎えて】・・・「歳月人を待たず」なので、今日を大切に!

1

0

0

0

0

(画像出典元はこちら)

さて、「♪夏も近づく八十八夜…」と唱歌『茶摘み』に歌われている通り、一番茶摘みの頃となった今日は「八十八夜」です。

「八十八夜」とは?

八十八夜 (はちじゅうはちや) は雑節のひとつで、立春 (今年は2月4日) を起算日(第1日目) として88日目 (立春の87日後の日) にあたります。

ということで、閏年 (うるうどし) には、5月1日が八十八夜になるのです。

ちなみに、雑節 (ざっせつ) とは、二十四節気・五節句などの暦日のほかに、季節の移り変りをより的確に把握するために設けられた、特別な暦日のことです。

一般に、次の9つが雑節と呼ばれています。

1. 節分
2. 彼岸
3. 社日
4. 八十八夜
5. 入梅
6. 半夏生
7. 土用
8. 二百十日
9. 二百二十日

「八十八夜」を迎えて

この日は、「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」などといわれるように、遅霜が発生する時期でもあるそうです。

夏も近づき、一番茶も摘まれるこの時期に、大きな遅霜の被害が発生する怖れがあるということで、農家に対して特に注意を喚起するためにこの雑節が作られたとか。

時はまさに新緑が目に眩しいゴールデンウィークの真っ只中ですが、数えてみれば2018年も122日目、時は凄い早さで過ぎていきます。

まさに「歳月人を待たず」です。この言葉ですが、時は人の都合などお構いなしに過ぎていき、とどまることがないものだ、という意味です。

転じて、人はすぐに老いてしまうものだから、二度と戻らない時間を無駄にしないで、努力に励めよ、という戒めを含んでいます。

「一寸の光陰軽んずべからず」「光陰矢のごとし」「少年老い易く学成り難し」といった言葉もあります。

これからの人生で、一番若いのは今日ですから、まずは今日を若々しく、大切にしていきましょう!

・・・・・・・
さて、今日はここまでにしますね。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2018.5.2記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら