Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【今日の一言メモ】・・・我関せず、思う通り生きるのが本当の『自由』

1

0

0

0

1

(画像出典元はこちら)

さて、「今日の一言メモ」第115回です。

「リンドバーグ翼の日」

昨日5月21日は「リンドバーグ翼の日」でした。

今から92年前の1927年 (昭和2年) に、チャールス・リンドバーグが「スピリット・オブ・セントルイス」号でニューヨークを飛び立ちました。

そして、5月21日の午後に、「翼よ、あれがパリの灯だ」という有名な言葉とともにパリのル・ブールジェ空港に到着、大西洋無着陸横断単独飛行に成功したことがその由来です。

単独行を決行する勇気

なんでもそうですが、たった一人で事を為すには、たいへんな勇気がいると思います。

日本人でもマッターホルンに単独登頂した植村直己さん、太平洋を小型ヨットで単独横断した堀江謙一さんの名前が、昭和世代としてはすぐに思い浮かびます。

大いなるチャレンジに対しては、往々にして勇気ではなく蛮勇である、と指摘する向きもあるでしょう。

残された家族にとっては、心配で心配で夜も寝られないかもしれません。それでも、冒険に突き動かす原動力はなんなんでしょうね。

周りに左右されずに貫けるのが本当の『自由』

彼らを単独行に突き動かすのは、賞賛や名誉を求めているのではなく、ただただ自らの内から湧きあがる「成し遂げたい」という欲求かもしれません。

周りになんと言われようと、例え結果がどうなろうと「今ここでやらなければ、一生後悔する」という思いではないかと想像します。

今年97歳になった瀬戸内寂聴さんが、「周りからどんなに批判されても、我関せず思う通り生きるのが本当の『自由』なのです。」と言っておられたのが印象に残っています。

誰か他人の人生を生きるわけではなく、自分の人生を生きるわけですから、その結果に対する全責任を自らが負う覚悟を決めて、『自由』に生きていきたいと思うのです。

・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2019.5.22記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら