Challenge Next Stage 〜目指せ!出版への道〜

【今日の一言メモ】・・・他人は自分と異なるレイヤー (界層) に生きていると考え、その影響を最小限に留める

1

0

0

0

1

(画像出典元はこちら)

さて、「今日の一言メモ」第166回です。

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」とは、人間はすべて平等であって、身分の上下、貴賎、家柄、職業などで差別されるべきではないという意味です。

慶應義塾の創立者である福沢諭吉先生が著した『学問のすすめ』の冒頭にある言葉です。

生来、人間はすべて平等であり、貧富・家柄・職業・社会的身分などによって差別するような偏見を否定しています。

自分と他人を比べてしまうのは、人間の宿命か

人が社会生活を営む上では、いやでも自分と他人を比べてしまうでしょう。それは、小さい頃からの受験戦争や就活、出世競争などをくぐり抜けなければいけないのも一つの理由です。

結果として、常に他人と比較して自分に足りないものを得ようとする「相対的な欲」から逃れられません。地位や名誉やお金などを得たいというのも、他の人と比べて自分には不足していると感じるからでしょう。

我と我が身を振り返っても、サラリーマンだった40代までは、そんな相対的な欲に支配されていた気がします。

それが50代となり、会社をアーリーリタイアメントしてフリーランスのITコンサルタントとして独立した頃から、自分と他人を比べることが少なくなってきました。

他人は自分と異なるレイヤー (界層) に生きていると考える

これは、ここ数年で抱いている想いです。自分と他人がまったく同じレイヤー上に生きていると思い込んでいるから、どっちが先だ後だ、上だ下だという感覚がつきまとうのです。

そうではなく、自分は自分だけのレイヤーに生きていて、他の人たちはそれぞれのレイヤーにいるのだ、と思えばどうでしょう。

他の人たちがどこをどう進んでいようと、自分とは関係ありません。自分のレイヤーで比べるのは、昨日の自分と今日の自分です。昨日より今日、前進しているかどうかです。もし、一歩後退していたら、二歩前進すればいいだけです。

それでも「相対的な欲」とは、なかなか縁を切れません。レイヤーそのものは透明なので、異なるレイヤーの世界が見えるからです。

でもまあ、それも人間の宿命と受け入れて、あんまり他のレイヤーの出来事に振り回されなければ良いと思うのです。

・・・・・・
さて、今日はここまでにしましょう。
ではまた!

・・・・・・・・・・・・
(2019.7.25記)

富田 邦明

IT関係のコンサルタントをしております。
業務効率化・システム改善だけでなく、経営者視点のリスクマネジメントも同時に行い、人とテクノロジーのシナジー(相乗)効果を最大限にすること、そして、活き活きとした雰囲気で働ける環境作りを目指しています。

コメント

人生のセカンドステージを、ポジティブ&アクティブに過ごすことを目指して、アラカン(アカウンド還暦)世代の筆者が思いを綴るブログ。
Consulting Office SMART代表/富田邦明が人となりをお伝えするために運営しています。

詳しいプロフィールはこちら